織田信長と同盟関係にあった徳川家康が、天正10年(1582)に起きた本能寺の変後の動向から、織田体制の中でどのような関係性を保っていたかを議論します。
日時:2/11(日)13:00~17:00
会場:エントランスホール
定員:180名(※事前申込不要)
〔コーディネーター〕播磨良紀氏(中京大学教授)
〔パネリスト〕
★谷口央氏(首都大学東京教授)「清洲会議以降の羽柴秀吉と織田家臣団との関係について」
★柴裕之氏(東洋大学講師)「徳川家康と関東との関係について」
★萩原大輔氏(富山市郷土博物館学芸員)「織田体制の中の家臣団の動向(佐々成政について)」
第8回松平シンポジウム