東海富山県人会

カテゴリ: ご紹介

”越中八尾おわらの夕べ”が名古屋東別院境内で行われます。
是非お越しください。.。゚+.(・∀・)゚+.゚
日時: 2019年10月13日(日) 【雨天決行】
時間:午後5時00分~午後6時45分
   (受付開始午後4時00分から)
入場料:前売券 1100円 ※事前振込み。当日、受付で領収書とチケットを交換。
    当日券 1200円 ベンチ席(800席)
内容:流し踊り 舞台踊り(四季踊り、案山子踊り、夫婦踊り、豊年踊り)の鑑賞
   参加者対象輪踊り講習会
主催:越中八尾おわらの夕べ実行委員会
協力:越中八尾おわら道場 真宗大谷派名古屋別院
後援:愛知県 愛知県教育委員会 名古屋市 名古屋市教育委員会 中日新聞社 他
【東別院境内で富山県の物産販売を行います】
しろえびせんべい(富山柿山)
八尾のお菓子“玉天”、昆布各種、氷見うどん、風の盆カレンダー(富山県物産観光振興会)
おわら玉天item01-1
← おわら「玉天」

◆おみやけコーナーのみ、午後4時から入れます。
お問い合わせ先:榊原 TEL 080-3615-0523    越中八尾おわらの夕べ実行委員会
おわらの夕べ2019表おわらの夕べ2019裏

食材豊かな氷見の魅力を発信するために、首都圏を中心に展開する居酒屋チェーン「和食・酒 えん」で9月1日から1ヵ月間、氷見産食材を使ったメニューを提供する「氷見フェア」が開催されています。
メニューの提供は、東京、大阪、名古屋の3大都市を含む13店舗で行い、氷見の特産品や観光などを紹介するリーフレットも来店者に配布されます。
開催期間: 9月1日(日)~9月30日(月)の1ヵ月間
開催場所: 「和食・酒 えん」13店舗(東京・大阪・名古屋)
   (名古屋)
  和食・酒 えん 名古屋JRセントラルタワーズ店
  〒450-6013 愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 JRセントラルタワーズ 13F
  営業時間11:00~23:00(ラストオーダー22:00)
  TEL:052-533-0260              
行事、催し等の内容: (メニュー)氷見のアクアパッツァ、鰯とエシャロットのマリネ、鯖のこんか漬けじゃがバターのホイル焼き、氷見イチゴとイベリコ豚の黒酢酢豚、はと麦アイスの最中など、8品
えんむすび_メニュー















[えんむすび vol.5]
https://byo.co.jp/en/news.html?itemid=154&dispmid=658

テーマ:情の時代
あいちトリエンナーレ2019あいちトリエンナーレは、2010年から3年ごとに開催されている国内最大規模の国際芸術祭です。4回目となる2019年は、国内外から約80組のアーティストを迎えます。国際現代美術展のほか、映像プログラム、パフォーミングアーツ、音楽プログラムなど、様々な表現を横断する、最先端の芸術作品を紹介します。
日時:2019年8月1日(木)~10月14日(月・祝)
会場:名古屋市と豊田市の4つのエリアで開催されます。
   愛知芸術文化センター 
   名古屋市美術館
   名古屋市内のまちなか(四間道・円頓寺)
   豊田市美術館・豊田市駅周辺
料金詳細:【1DAYパス】一般1,600円 大学生1,200円 高校生600円
     【フリーパス】一般3,000円 大学生2,300円 高校生1,100円
※中学生以下は無料です。
※映像プログラム、パフォーミングアーツ、音楽プログラムについては、別途入場料が必要となる場合があります。
お問い合わせ先:あいちトリエンナーレ実行委員会事務局  TEL 052-971-6111
ホームページ https://aichitriennale.jp/about/
富山県出身のアーティスト:サエボーグ https://aichitriennale.jp/artist/saeborg.html
あいちトリエンナーレaichitriennale2019

このページのトップヘ